目立ついぼを効果的に除去【発症部分ごとに適した治療法】

ドクター

皮膚の状態に合わせる

医者

負担が少ない治療法を紹介

いぼの治療方法で、皮膚に負担をかけずに済むのが、レーザー治療や注射治療です。注射は、いぼ自体を硬くしてかさぶたのようにポロッと取れやすくする効果をもたらす薬剤を直接注入します。レーザーは、照射した箇所の皮膚細胞から水分を吸収して熱エネルギーに変換してから患部周辺を焼き切る方法です。どちらとも、出血のリスクが少なめなので、十分なアフターケアを施せばシミ症状を発症させずに済みます。また、再発の可能性も少なめなので、通院回数を減らしたい場合は、レーザーや注射治療を選択するのが望ましいです。レーザーや注射以外に、皮膚への負担を減らしたいぼの治療方法は、薬剤治療があります。ヨクイニンと呼ばれる薬剤を使用しますが、ヨクイニンは一般的にはハトムギと呼ばれる自然の植物なので体に負担をかける心配が少ないです。ヨクイニンには、腫瘍組織を除去する効果を有しているので、皮膚の腫瘍であるいぼを取り除くのにうってつけです。医師に処方された量を服用し続けるだけなので、皮膚細胞を傷つけることがありません。負担を感じることなく皮膚を元通りに戻しやすいです。ただし、ヨクイニンは子どもの場合は比較的早く治しやすいですが、大人の場合はゆっくりと治療効果が現れます。ゆっくりと治したい場合、薬剤を用いるのがおすすめです。

着実にいぼをなくす方法

効果的ないぼの改善方法として挙げられるのが切除手術です。上記で紹介した方法を用いても、再発してしまうような深刻な状態となっているものに有効です。潜伏しているウイルスを着実に除去できるので、再発のリスクがほとんどないです。外科的な手法で、ピンセットやハサミを用いて切除する分、ある程度キズが残ってしまいますが、一定期間は経過観察を行なってくれます。医師の指示に従えば、キズ跡が目立ちにくくなります。長期間放置してしまった、あるいは他の治療法を用いても改善が難しい症状の場合は、外科的な手法に頼ってみるのが望ましいです。

その後のケアや生活も大切

あらゆる治療法の中から、症状の状態にピッタリなものを見つければ、いぼを着実に除去できます。自身にピッタリな除去法を見つけるのも大切ですが、二度と症状を表せないようにする予防法を実践するのも同じくらい大切です。いぼの症状が現れやすい条件として、体の免疫力が下がってしまったときです。体内の免疫細胞が弱ってしまえば、皮膚に侵入してきたウイルスを上手く除去できなくなるので、いぼが生じてしまいやすくなるのです。生活リズムが狂い始めてきた頃合いは注意が必要です。規則正しい生活をおくり、体の免疫細胞を正常にする努力を積み重ねるのが望ましいです。また、ケガや紫外線は、皮膚にダメージを与えてしまうので、いぼを生じさせやすくします。皮膚に無駄な刺激を与えないよう、日焼け止めを塗って皮膚を保護する対策も重要です。再び、治療を施す羽目にならないためには、生活リズムを整えたり皮膚ダメージとなる要因の除去に努めるのがおすすめです。

Copyright © 2017 目立ついぼを効果的に除去【発症部分ごとに適した治療法】 All Rights Reserved.