目立ついぼを効果的に除去【発症部分ごとに適した治療法】

ドクター

アフターケアの重要性

相談

ケアアイテムを処方

基本的に、レーザー治療などはいぼの再発リスクが少なめです。ウィルス性特有の根っこ部分まで除去してくれるので、根本的に症状を解消出来るのです。術後は、皮膚が若干凸凹してしまうことが多いですが、永遠に凸凹したままではなく、しばらくするとまっ平らに戻るので安心出来ます。そんなレーザー治療ですが、クリニックでは万が一を想定してあらゆる保証やアフターケアサービスを行なっていますどんな内容のものかというと、肌質にぴったりなケアアイテムを処方してくれます。CO2レーザーのメカニズムは、皮膚に含まれている水分を吸収して熱エネルギーを生み出し、イボの患部を焼き切ります。皮膚内にある水分によって熱エネルギーを生み出す特性上、治療完了後にやけどのような症状が現れます。やけどの跡が一生残らないために、お肌の質感にピッタリなスキンケアアイテムを用意してくれるのです。しかも、ケアアイテムの使い方を丁寧に説明してくれます。用法用量と使用に適した時間帯に至るまで、わかりやすく説明してくれるので、自宅で間違ったケアをしなくて済みます。

良し悪しを決める

いぼ治療の良し悪しを決めるのは、アフターケアにかかっています。レーザー治療の場合、いぼをきれいに除去するにはアフターケアが重要視されているのです。ケアを施すのは大切だとわかっていても、ついサボってしまう人もいます。ケアを怠ってしまった場合、やけどの跡が目立ってしまい、新たなコンプレックスと化してしまいます。そのため、レーザー治療でイボを除去した後は、処方されたアフターケアグッズを活用して、念入なスキンケアを施すのがおすすめです。

難しくない方法

美容外科が教えるアフターケア方法は、手間がかかるものではありません。単に処方された薬剤を服用するだけなので、毎日手短に済ませられるので、忙しい人でも手早く済ませられます。また、いぼ治療後で大切なのが日焼けをしないことです。紫外線の影響により、レーザーを照射した部分に負担がかかってしまうケースがあります。紫外線を防ぐ対策としては、外出時は必ず日焼け止めを体に塗るのが望ましいです。紫外線を跳ね返す効果がある日焼け止めは、レーザーを照射した箇所を保護するのにちょうどいいです。基本的には、照射箇所から赤みの症状がなくなるまで、日焼け止めを塗り続けるのが望ましいです。日焼け止めでカバーするのも有効ですが、術範囲が小さいので、絆創膏や包帯でも十分カバーができます。1週間ほどカバーしておけば、日焼け止め同様に患部を紫外線にさらさずに済みます。

2回目の照射もあり得る

十分なケアを施しても、症状の度合いによっては再び発症してしまうこともあります。長らく放置していると、内部でウイルスが増殖してしまい、一度の施術だけでは消し去れないほど深刻化していることが考えられます。その時は、もう一度レーザーを照射する必要があります。2回目の照射なら、患部に残されているウイルスも着実に消し去れる可能性が高まるので、再発のリスクも少なくなります。

Copyright © 2017 目立ついぼを効果的に除去【発症部分ごとに適した治療法】 All Rights Reserved.